Aug 172018

地図の特異性

情報伝達手段としての地図に、どのような特異性があるのでしょうか。 ここでは、ロビンソン(Robinson,1978)の講演に基づいて紹介します。 まず、ロビンソンによると、地図とは、紙などの上に秩序をもって並んでいる様々な「記号」であり、言語との大きな違いは、その「記号」を読むのに特別な順序がなく、各自が好きなように読んで行えば良い、ということになっています。 また、地図に使われている「記号」は特異です。というのは地図作成者が記号に好きな意味を持たせることができるからです。たとえば,黒い点は町であり得るし,果樹や小麦の作付面積 500ha を意味するかも知れないのです。 そして、地図の記号は位置をもちます。各々の記号は他の記号との相対的な関係において,地図上で特別な位置を占めているのです。さらに、地図の記号は透明ではありません。これは知っている言語が,文字とか音を意識しなくても理解できるのに対し,地図の記号は意識して読まないと,情報を得ることが困難であるためです。 地図は映像の性質をもっています。われわれの考えの多くは概念的な空間の中で扱われるので,映像は言葉や思考に先立つものであり,より基礎的なものである。地図はそれ自体が空闘を表現しているものなので,映像形成に必要な要素は全て備えているのです。従って地図は非常に効果的な認知手段でとなり得ます。 最後に、地図は構造という性質をもっています。ここで言う構造とは,地図を構成している各要素が意味のある相互関係を持っていることを指します。この構造があるから他の手段では不可能な様々な情報が地図から読み取れるのです。

Aug 032018

光源の位置による地図投影法の分類

「三次元の立体である地球の表面を、二次元である平面の上に表現する方法」であるのが“地図投影法”。 三次元を二次元に映し出す際、映し出すための光源の位置によっても、映し出される地図が変わってくることから、これもあらかじめ決めておく必要があります。 よって「光源を“どこ”に置くかに注目する」という方法でも、地図投影法を分類していくことができるのです。 光源の位置を、地球のちょうど中心部分にとして表現する地図投影法は、“心射図法”などと呼ばれています。 地球内部のどこか(地球のちょうど中心部分を除く)に光源を置いて表現する地図投影法は、“内射図法”などと呼ばれています。 光源の位置を、投影面と反対側の地球表面として表現する地図投影法は、“平射図法”などと呼ばれています。 地球外部のどこかに光源を置いて表現する地図投影法は、“外射図法”などと呼ばれています。 光源の位置を、投影面と反対側の無限遠点(無限に遠いとされる点)とする、つまり平行な光が投影するような形で表現する地図投影法は、“正射図法”などと呼ばれています。 なお光源の位置や投影面の形状にもよりますが、映し出す際は基本的に一度に全てを映し出すわけではなく、既定の軌道の上で光源を動かしながら映し出していくこととなります。 また光源の位置によっては、全ての形状の投影面に対応することができたりできなかったりしているようです。