Jun 222018

畿内近国を中心とした幕府の領地にて、延宝期に実施された検地を「延宝検地」と呼んでいると言われています。これは、田んぼや畑、また、屋敷の土地の測量だけでなく、山、野、また、そのほかの土地において、将来的な開発の可能性のある場所をも対象にして実施されたものであるとされ、その検地の結果は、土地の台帳とされている「検地帳」に明記され、村で保管されることとなっていたようです。先に挙げた山論の論所も、この検地帳に測量結果が記されていたとされています。この「検地帳」には、のちに「追記」されたものがあることが確認できるようで、その内容は、小物成地の中で、小物成山に対してだけ課された年貢の定米の増額を命じたものであったとされています。畑村のケースをみると、測量結果に相当するように、大体の年貢額は評価分に値することが分かっているようです。つまり、様々な土地活用が想定される小物成地の中でも、この場合小物成山だけを対象として増税されたということが言えるのではないでしょうか。これは、先に例に挙げた天明期の山論において、畑村側が山の歴史として記す内容に一致していると言えるでしょう。そこで注目すべきなのは、そのプロセスであり「分検絵図」と検地帳への追記を村に命じたという事実が記されていることではないでしょうか。ここで挙げられた延宝期の検地帳を畑村以外で見てみましょう。これまでの調査範囲内とされているが、検地帳への「追記」という共通した事実を確認できたと言えるでしょう。小物成山の開発耕地へ課された年貢は、新開拓地であったために、見取によるものとして設定させられたと言われているそうです。

 


Write a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *